Kun la Minaco de Nuklea Milito Plifortigita de la Invado de Ukrainio, Nun estas la Tempo Stariĝi por Paco

De Joseph Essertier, World BEYOND War, Marto 16, 2022

 

La plej malbona ebla rezulto de la milito en Ukrainio verŝajne estus nuklea milito. La deziro de venĝo de homoj kiel rezulto de ĉi tiu milito plifortiĝas ĉiutage. Turni en la koroj de multaj estas deziro al venĝo. Ĉi tiu deziro blindigas kaj malhelpas ilin rekoni, ke ili estas sur vojo, kiu kondukas al nuklea milito. Tial ni devas rapidi. Povas esti neeble al ssuper ĉi tiu milito, sed estas maletika stari kaj ne fari nian eblon por ĉesigi ĝin.

Ĉiuj imperioj finfine kolapsos. Iam, eble baldaŭ, ankaŭ la usona imperio disfalos. Tiu imperio estis la domina mondpotenco dum la lastaj 100 jaroj. Iuj nomis ĉi tiun fenomenon "Amerika Jarcento". Aliaj diras, ke ĝi estis "unupolusa" mondo en kiu kaj la ekonomio kaj politiko turnis ĉirkaŭ la usona registaro.

Ekde la Dua Mondmilito, Usono ĝuis senprecedencan sekurecon kaj potencon. Dum la potencaj nacioj de Eŭrazio preskaŭ estis en ruinoj post XNUMX-a Mondmilito, la Milito multe pliigis la produktivan kapaciton de Usono. Usono kontrolis kaj Atlantikon kaj Pacifikon kaj havis nur du obeemajn, ne-vastigismajn ŝtatojn ĉe siaj limoj, Kanado kaj Meksiko.

Akirinte tutmondan hegemonion, la usona registaro kaj usonaj korporacioj faris planojn konservi kaj vastigi ĉi tiun potencon. Multaj usonaj elitoj akiris grandan internacian prestiĝon, kaj multaj riĉaj kaj potencaj homoj iĝis avidaj je potenco. NATO estis planita kiel rimedo de konservado de ilia riĉaĵo kaj potenco. Usono ja disponigis ekonomian helpon al eŭropaj landoj per la Plano Marshall kaj aliaj programoj, sed, kompreneble, ĉi tiu helpo ne estis senpaga, kaj la sistemo estis desegnita por certigi, ke la mono fluu al Usono Mallonge, NATO naskiĝis kiel rezulto de usona potenco.

Kio estas NATO? Noam Chomsky nomas ĝin "intervenforto administrita de Usono" NATO estis origine establita kiel kolektiva defenda sistemo de membronacioj por protekti la riĉajn naciojn de Eŭropo kontraŭ la antaŭa Sovetunio. Poste, kun la fino de la Malvarma Milito en 1989 kaj la disfalo de Sovetunio en 1991, Rusio ne plu havis batalŝancon laŭ ĉiuj raportoj, kaj la rolo de NATO ŝajnis finiĝi, sed fakte, la landoj kiuj estis aliancitaj sub la potenca usona armea ombrelo konata kiel NATO iom post iom pliiĝis en nombro kaj daŭre faris armean premon sur Rusio.

Dum la Malvarma Milito, la usona armea-industria komplekso kreskis al enormaj proporcioj, kaj multaj riĉaj usonanoj amasiĝis al la "facila mono" de la Pentagono. La usona registaro, dependigita de akirado de riĉaĵo per milito, ellaboris novan planon por kontroli la mondan energisistemon, inkluzive de gasduktoj. Tiu ĉi plano estis oficiala pozicio (aŭ senkulpigo [tatemae en la japana] kiu ebligis ilin) ​​por pluigi NATO. La "gangstergrupo" NATO, kiu havis la potencan armean potencon de Usono kaj havis pli malgrandajn landojn sub sia flugilo, devus esti dissolvita ĉirkaŭ 1991, sed ĝi daŭris kaj, fakte, disetendiĝis al Centra kaj Orienta Eŭropo, ĝis la limoj de Rusio. . Kiel tio eblis? Unu faktoro ebliganta tiun NATO-vastiĝon estis antaŭjuĝo kontraŭ rusoj. Ĉiam ekzistis "stereotipoj" de rusoj en eŭropa kaj amerika arto, literaturo kaj filmo. La germanaj nazioj de antaŭ longe—ekzemple, Joseph Goebbels de la [Germana] Propaganda Ministerio—diris ke rusoj estas obstinaj bestoj. Sub la propagando de Nazia Germanio, rusoj estis nomitaj "aziaj" (kun la signifo "primitiva"), kaj la Ruĝa Armeo "aziaj hordoj". Eŭropanoj kaj usonanoj havas diskriminaciajn sintenojn al rusoj, same kiel al azianoj.

La plej multaj el la japanaj amaskomunikiloj estas kontrolitaj fare de unu firmao, Dentsu. Dentsu profitas el usonaj kompanioj kaj estas por-usona same kiel la japana registaro. Tiel, kompreneble, niaj novaĵraportoj estas partiaj kaj ni ne aŭdas pri ambaŭ flankoj de ĉi tiu milito. Ni aŭdas la novaĵojn rakontitajn nur el la perspektivo de Usono, NATO kaj la ukrainaj registaroj. Apenaŭ estas diferenco inter la novaĵoj de la usonaj amaskomunikiloj kaj tiu de la japanaj amaskomunikiloj, kaj ni ricevas tre malmulte da novaĵoj kaj analizoj de rusaj ĵurnalistoj aŭ sendependaj ĵurnalistoj (t.e., ĵurnalistoj kiuj ne apartenas al Usono, NATO, aŭ ukraina flanko unuflanke, aŭ al la rusa flanko aliflanke). Alivorte, maloportunaj veroj estas kaŝitaj.

Kiel mi menciis en mia parolado en Sakae, Nagoja Urbo la alian tagon, la amaskomunikiloj diras al ni, ke nur Rusio estas erara kaj malbona, malgraŭ tio, ke forta milita premo farita de Usono kaj la NATO-landoj de Eŭropo kaŭzis la komencon de la milito. Krome, la fakto ke la ukraina registaro defendas novnaziajn fortojn kaj ke Usono kunlaboras kun ili ne estas raportita.

Mi rememorigas la vortojn de mia avo flanke de mia patrino. Li estis viro de laborista fono kun lentuga vizaĝo, kaŝtanbruna hararo, kaj palbluaj okuloj kiuj mortigis germanajn soldatojn unu post alia sur la batalkampo dum XNUMX-a Mondmilito. La germanaj soldatoj, kiujn mia avo mortigis, estis ofte knaboj kaj viroj, kiuj similis al li. La plej multaj el liaj amikoj de lia bataliono estis mortigitaj en ago. Kaj kiam li revenis hejmen post la milito, la plej multaj el liaj amikoj mortis. Mia avo bonŝancis esti travivinta la militon, sed lia vivo poste estis turmentita de PTSD. Li ofte vekiĝis meze de la nokto kun koŝmaroj. En liaj sonĝoj, estis kvazaŭ malamikaj germanaj soldatoj estus en lia dormoĉambro. Liaj movoj vekus mian avinon el ŝia dormo, ĉar li subite ekstaris kaj pafis la pafilon, kiun li kredis tenis en siaj manoj. Li ofte ĝenis ŝian dormon tiamaniere. Li ĉiam evitis paroli pri la milito kaj neniam estis fiera pri tio, kion li faris, malgraŭ la diversaj premioj kiujn li ricevis. Kiam mi demandis lin pri tio, li simple diris kun serioza vizaĝo: "Milito estas infero." Mi ankoraŭ memoras liajn vortojn kaj la seriozan mienon sur lia vizaĝo.

Se milito estas infero, kia infero estas nuklea milito? Neniu scias la respondon. Krom la detruo de du urboj, neniam okazis plenskala nuklea milito. Neniu povas diri kun certeco. "Nuklea vintro" estas ebleco. Nur la homoj de du urboj en la historio estis atakitaj per nukleaj armiloj dum milito. Nur la postvivantoj de tiuj du atakoj kaj tiuj kiuj iris al tiuj urboj por helpi la viktimojn tuj post kiam la bomboj estis ĵetitaj fakte vidis la rezultojn de la bombadoj per siaj propraj okuloj.

La realeco de ĉi tiu mondo estas kreita de nia kolektiva konscio. Se multaj homoj tra la mondo perdos intereson pri ĉi tiu minacanta katastrofo, ĉi tiu plej danĝera milito en Ukrainio certe daŭros. Tamen, la mondo povas ŝanĝiĝi, se multaj homoj en riĉaj landoj kiel Japanio ekagas, serĉas la veron, stariĝas kaj elparolas kaj sincere strebas al paco. Studoj montris, ke gravaj politikaj ŝanĝoj, kiel ĉesigo de milito, estas eblaj kun la opozicio de nur 3.5% de la loĝantaro. Miloj da rusoj staras por la paco, sen heziti pripensi la riskon esti malliberigita. Ĉu homoj en Usono, Japanio kaj riĉaj okcidentaj landoj kiuj subtenis NATO povas diri, ke ni ne havas respondecon pri la invado de Ukrainio? (La ukrainoj estis trompitaj de NATO kaj estas klare viktimoj. Kaj iuj ukrainoj ankaŭ estis trompitaj de novnazioj.)

Tiuj el ni, kiuj loĝas en riĉaj landoj, pli riĉaj ol Ukrainio kaj Rusio, devas rekoni la respondecon de NATO kaj fari ion por ĉesigi la perforton antaŭ ol tiu ĉi prokura milito kondukos al kolizio inter la unua kaj dua plej grandaj nukleaj potencoj de la mondo kaj al nuklea milito. Ĉu per senperforta rekta agado, ĉu per peto, ĉu per dialogo kun viaj najbaroj kaj kolegoj, ankaŭ vi povas kaj devas postuli batalhalton aŭ paŭzon en Ukrainio en neperforta maniero.

(Ĉi tio estas la angla versio de eseo, kiun mi skribis kaj en la japana kaj la angla por Labornet Japanio.)

Joseph Essertier
Kunordiganto de Japanio por a World BEYOND War
Aichi Rentai Unio-membro

 

La japana versio sekvas:

投稿者 : ジョセフ・エサティエ

2022 jaroj 3 monato 16 Dato

ウクライナ侵攻により核戦争の脅威が高なる今こそ
平和を実現するために立ち上がる時

戦 戦 で 起こり うる の 結果 結果 は 核 戦争 だろ う う う か この 戦争 をめぐる 人 々, 日 に 日 日 に 強く 日 日 に 日 胸中 に に 多く 残虐 な 欲望 は に 多く 多く な 欲望 欲望 に 多くし, 核 戦争 へ と 続く 道 を 歩む の の 姿 を 捉える なく なく の だ だ から こそ, 私たち 私たち は 急 から なければなら ベスト は 無理 かもしれない を する ベスト ベスト を 無理 かもしれない を する ベスト は を 無理 かもしれない を する ベスト を は 無理 かもしれない を する ベスト を は 無理 かもしれない を する ベスト を を 尽くさ かもしれない が する ベスト を を 尽くさ ず 傍観 する ベスト ベスト を 尽くさ ず 傍観 する 事 ベスト を 尽くさ 尽くさ ず 傍観 する ベスト を を 尽くさ ず 傍観 する 事 ベスト を 尽くさ 尽くさ ず 傍観 する ベスト を を 尽くさ ず 傍観 する 事 ベスト を 尽くさ 尽くさ ず 傍観 する 事 を を 尽くさ ず 傍観 する する ベスト を 尽くさ 尽くさ ず 傍観 するは倫理に反する。

の の 帝国 は いずれ 崩壊 する. いつか, もしかし たら 近い うち に, アメリカ 帝国 帝国 も 崩壊 その その 帝国 帝国, この 100 年 間, 世界 の 覇権 その 握っ 現象 て アメリカいる。経済も政治もアメリカ政府を中心に回る「一極集中」世界だっカ政府を中心に回る「一極集中」世界だっ世界だっぺあ

第二 次 世界 大 戦 後, ア メ リ カ は 前例 の な い 安全 保障 と 権 力 を 享受 し て き た. ユ ー ラ シ ア 大陸 の 強国 は ほ と ん ど 廃 墟 と 化 し て い た が, 第二 次 世界 大 戦 に よ っ て ア メ リ カ の 生産力 は 大 き く 伸 び て い た.は 大西洋 大西洋 太平洋 の 両方 を 支配 し, その 国境 に は は と という という, おと なしく 拡張主義 でない 2 つの 国家 しかなかっ でない.

の 覇権 覇権 を 握っ た アメリカ 政府 と アメリカ 企業, この 力 力 を し, 拡大 する する ため の を 立て 立て の エリート は 多く 多く 多く の 富裕 名声 は 権力 多く 多く の 富裕 富裕 層 や 権力に 貪欲 貪欲 に なっ た た, 確実 に アメリカ に 資金 環流 する する システム なっ て い い. 要する に, NATO は アメリカ の 権力 の の 結果 生まれ の 権力.

NATO とは 何 な の の ノーム ノーム ノーム スキー 氏 氏, 「アメリカ が 運営 する 介入 ノーム」 と と で いる ノーム 集団 を を 守る ​​ため による 集団 集団 れ た ため ため による 集団 さ れシステム. その 後, 1989 年 に 冷戦 が, そして, そして,に に nato という アメリカ の 強大 な 軍事 力 傘下 傘下 に, ロシア に 軍事 的 的 圧力 ロシア に 軍事 軍事.

,として 世界 の の エネルギー である ガスパイプライン など を コントロール する と いう 新た な 計画 立案 立案 し し た アメリカ という という 小国 を を 従え た 「小国 小国 を 従え 従え は は, 1991 年頃 に に する はず はず だっが, それ は 続き, 実際, 中央 ヨーロッパ や 東 ヨーロッパ と いう ロシア の 国境 に なぜ なぜ なぜ なぜ なぜ なぜ なぜ この この この この この この この この この この この この この この この この美術, 文学, 映画 に は, 昔 から ロシア 人 に対する に対する ステレオ タイプ 」が が ヨーゼフ ヨーゼフ 昔 の ドイツ ドイツ の ヨーゼフ ヨーゼフ ゲッペルス 宣伝 ナチス ロシア 人 人 頑固 ナチス ナチス ナチス ナチス 人 人 は ナチス ナチス ナチス ナチス だ 人 は 頑固 ナチス ナチス ナチス だ 人 は 頑固 ナチス ナチス ナチス ドイツ と 人 は ナチス ナチス ナチス ドイツ だ と 言っ ナチス ナチス ナチス ナチス ドイツ だ と 言っ ナチス ナチス ナチス ナチス ドイツ と と ナチス ナチス ナチス ナチス ドイツ ドイツ と と ナチス ナチス ナチス ナチス ドイツ ドイツ と と ナチス ナチス ナチス ナチス ドイツ ドイツ と と ナチス ナチス ナチス ナチス ドイツ だ と ナチス ナチス ナチス ナチス ドイツ ドイツプロパガンダ で で で, ロシア 人 人 を "azia" (アジアチック = 「原始人」), 赤軍 を "aziaj hordoj" (「アジアチック な い 群 欧 欧 米 人 人 は, アジア 人 に対する 人 人 意識 アジア アジアように、ロシア人に対する差別意識を持っている。

のの マス メディア ほとんど は, 電通 と いう 一 企業 に 支配 さ れ て いる 電通 は は アメリカ 企業 利益 を を 得 て て 日本 日本 政府 と 同様 したがっ 親米 日本 日本 政府 と したがっ て て 当然 当然 ながら ニュース したがっ て て 当然 当然 ながら ニュース は この て て 当然 ながら ニュース は この し て 当然 ながら ながら ニュース は この て て 当然 ながら ニュース は この し て おり ながら ニュース ニュース この この て て おり ながら ニュース この この し て おり ながら ニュース ニュース この この て て おり ながら ニュース この この この て おり ながら ながら ニュース この この し て おり ながら ニュース ニュース この この し て おり ながら ニュース ニュース この この し て おり ながら ニュース ニュース この このの の 両側 面 について こと こと は でき でき 我々 は, アメリカ, NATO, ウクライナ 政府 の 言い 分 だけ だけ 政府 の いる 分 マス メディア が 伝える ニュース ロシア ほとんど 同じ 事 事 で 系 ロシア ロシア 人 ジャーナリスト 事 で 系ジャーナリスト (つまり アメリカ · nato · ウクライナ 側 に も ロシア 側 も も 属さ ない ジャーナリスト から の ニュース や 分析 は, ほとんど 届か や や 分析 は ほとんど ほとんど 届か や 悪い つまり

の 名古屋 名古屋 栄 で スピーチ スピーチ も も 述べ よう に, マスコミ の 報道 で は ロシア のみ のみ 悪 と 一方 で アメリカ て ヨーロッパ など 一方 一方 で アメリカ を 繋がっ が が 開戦 へ を と こと が が 開戦 へ へ 繋がっ こと が. さらに ウクライナ 政権 が ネオナチ を 擁護 し, アメリカ が ネオナチ ネオナチ に し て いる. その こと も 報道 さ さ れ.

は は 母方 の 祖父 言っ 言っ 言葉 言葉 思い出す 彼 彼 は そばかすだらけ の 顔, 赤褐 色 の の, 淡い ブルー の 目 目 を た 第二 第二 次 兵 兵 を 次々 第二 第二 次 兵 兵 を 次々 とし た 祖父 祖父 が 殺し た ドイツ 人兵 人兵, 自分 に よく よく 少年 · 少年 男たち であっ であっ 少年 少年 少年 少年 であっい い い い 祖父 が 戦争 で 生き残っ た の は 幸運 であっ た が, その 後 の の 彼 人生 は は 後 に よく 苦しまさ れを をを, 祖母 を 起こし, 突然 立っ て 撃っ て いる よう な 行動 を し し 寝 て その 度 に 祖母 は 寝 て いつも 時 戦争 について の な を いつも 戦争 戦争 について の し を いつも 戦争 戦争 様々 な し を 避け 戦争 について 様々 な し を 避け 戦争 について 様々 な し を 避け 戦争 について 様々 な し 避け 避け 戦争 について 様々 な を 避け 避け 戦争 様々 様々 し を 避け 避け について 様々 様々 し を 避け 避け について 様々 様々 し を 避け 戦争 について 様々 な し を 避け 戦争 について 様々 な し を 避け 戦争 について 様々 な 賞 を 避け 戦争 について 様々 な 賞 を 避け 戦争 様々 様々 な 賞 避け 避け 戦争 様々 様々 な 賞 避け 避け 戦争 様々 様々 な を 避けた たた, 自分 が し た こと に 誇り を 持っ て い なかっ を 私 が が 聞い て 彼 彼 彼 は 真剣 な と と 戦争 戦争 地獄 地獄 だ と と 戦争 戦争 地獄 地獄 地獄 と と 言う 戦争 は 地獄 地獄 だ と と 言う だけ であっ 地獄 だ と と 言う だけ だけ であっ 地獄 だ と と 言う だけ であっ 地獄 地獄 私 と 言う だけ だけ であっ 地獄 だ と と 言う だけ であっ 地獄 だ 私 と 言う だけ であっ であっ 地獄 私 と と 言う だけ であっ 地獄 私 私 は 言う だけ であっ 言葉 と 私 私 は 彼 の の 言葉 と 真剣 は は 彼 の 言葉 言葉 と な は 彼 彼 の 言葉 と 真剣 な は 彼 の の 言葉 と 真剣 は は 彼 の の 言葉 と 真剣顔が今も忘れられない。

が が 地獄地獄, 核 戦争 は どんな どんな な のだろ う う か その その は は 誰 まで まで 分から 今 今 今 まで まで 本格 本格 本格 を を た 一 本格 本格 的 な を 除い 一 本格 本格 的 な 核 た 一 一 本格 的 な 核 戦争 は 一 本格 的 な な 核 た 一 一 本格 的 な 核 た は 一 度 的 な 核 戦争 は 一 度 的 も な 核 た は 一 度 的 な 核 た は 一 度 も な 起こっ た た 一 度 も も 起こっ 戦争 た こと 一 度 も な 起こっ た は 一 度 も な 起こっ た た 一 度 も も 起こっ 起こっ た こと 一 度 も な 起こっ た た 一が ない 誰 誰 も を を 持っ て ない ない を 「核 核 の」 の 中 にの の 被爆 者 と, 爆撃 後 すぐ に その 都市 に 行き 被害 者 を 助け た 人 々 だけ が 影響 影響 を 本当 に の の 目 で 見 見 た の 目.

世界,を を, 立ち上がっ て 発言 し, 誠実 に 平和 平和 ため に 努力 し, 日本 の よう な 豊か な 国 の 多く の 世界 は な 行動 を が 世界 は 戦争 戦争 を が 世界 な 戦争 を を 止める よう な 戦争 戦争 を を よう な変化 変化 に は, 人口 の たっ たっ 3.5% だけ 反対 反対 で 可能 に なる と いう 研究 結果 も ロシア ロシア で で は が て い い ます 顧み 顧み アメリカ 支持 し て て き た アメリカ 支持 し し て き き た や 支持 し, 欧 米 の 豊か豊か 国 々 々 の 人 々, ロシア が が 侵攻 に 至っ た 責任 が ない と だろ だろ う う う う う う う に に に 被害 者 さらに さらに は 一部 一部 ウクライナ 人 さらに さらに は 一部 の ウクライナ 人 さらに は 一部 一部 の ウクライナ 人 さらに は 一部 一部 ウクライナ 人 は は は 一部 の ウクライナ 人 は は 一部 の ウクライナ 人 は は 一部 一部 の ウクライナ は ネオナチ ネオナチ 一部 の ウクライナ 人 は ネオナチ 一部 一部 の ウクライナ は ネオナチ ネオナチ 一部 の ウクライナ 人 は ネオナチ 一部 一部 ウクライナ ウクライナ は ネオナチ 一部 一部 の ウクライナ は ネオナチ ネオナチ 一部 の ウクライナ は は ネオナチ 一部 の ウクライナ 人 は ネオナチ 一部 の の ウクライナ は ネオナチ 一部 一部 の ウクライナ は ネオナチ ネオナチ 一部 の ウクライナ は は ネオナチ 一部も騙された。)

や や ロシア より 豊か な 国 に 住む 我々, NATO の 行動 責任 を 認め, この 代理 戦争 が, 世界 第 一 位 と 第 核戦争 間 で 衝突 し 核戦争 核戦争 に 至ら ない ないを 止 め る た め に 何 か す べ き で あ る. 非暴力 的 な 直接 行動 で も 請願 書 で も 隣人 や 同僚 と の 対 話 で も, あ な た も 非暴力 的 な 方法 で, ウ ク ラ イ ナ の 休 戦 · 停 戦 の 要求 を.

ワールド・ビヨンド・ウォー支部長
愛知連帯ユニオン メンバー
ョ セ フ ・ ・

unu Komento

  1. Kia terura artikolo! Ĉi tie en Aotearoa/Nov-Zelando, ni havas la saman Orwellian sindromon de kalkulitaj kaj malignaj propagandaj amaskomunikiloj en plena militkrio!

    Ni devas urĝe konstrui fortan internacian pacan kaj kontraŭnuklean movadon. WBW certe markas la vojon antaŭen. Bonvolu daŭrigi la bonegan laboron!

Lasi Respondon

Via retpoŝta adreso ne estos publikigita.

*

Tempo limo estas elĉerpita. Bonvolu reŝargi CAPTCHA.

Ĉi tiu retejo uzas Akismeton por redukti spamon. Lernu, kiel via komento datiĝas.

Serĉu WorldBeyondWar.org

Registriĝu por Retmesaĝoj pri Novaĵaj kaj Agaj Kontraŭmilitaj

Traduki Al Iu ajn Lingvo