World BEYOND War Marŝoj por Paco en Japanio

De Joseph Essertier, World BEYOND War, Februaro 24, 2023

Essertier estas Organizanto por World BEYOND Warla Japana Ĉapitro de

De la rusa invado pasis preskaŭ unu jaro, kaj la pasintan semajnfinon (la 18-an kaj 19-an de februaro) okazis diversaj aranĝoj kontraŭ la milito en Ukrainio kaj kontraŭ la nuna armea amasiĝo de Japanio kiu anoncita la 16-an de decembro. La vivo de homoj en Orienta Azio, inkluzive de la vivo de usonaj soldatoj sur bazoj sur la Insulo Okinawa, en aliaj partoj de Japanio, kaj en Sud-Koreio estas en risko en ĉi tiu historia momento, kiam la milito en Ukrainio povus disvastiĝi same kiel vepro fajro al Tajvano.

Marŝo de la urbo Gifu

Por la unua fojo, mi prenis standardon de Japanio por a World BEYOND War al kontraŭmilita marŝo en la urbo Gifu, kiu okazis matene la 19-an. La organizantoj varme bonvenigis nin kaj metis multajn fotojn en sian raportu pri la marŝo en ilia retejo. Ilia ĉefa postulo estis "(Kishida), ne prenu ĉi tiun decidon memstare por meti nin sur la vojon al milito." Mi aliĝis al ili por fari ĉi tiun postulon ĉar la Kishida-administrado faris la decidon devigi Japanion al armea konstruo sen diskuto kaj debato en la Nacia Dieto de Japanio, kiu estas kontraŭkonstitucia kaj evidente maldemokratia. Eĉ se plimulto de la civitanoj de Japanio aprobas armean amasiĝon, iliaj elektitaj reprezentantoj en registaro devas esti parto de la decida procezo. Japanio havas la militrezignan artikolon 9 kaj tio ne povas esti malobservita sen revizio de la Konstitucio. Ankaŭ, la ĉefministro ne estas elektita rekte de la civitanoj, kaj la Nacia Dieto estas ĉe la kerno de la demokratio de Japanio.

Estis malvarme tiutage kaj malpeze pluvis preskaŭ la tutan tempon, sed la etoso inter la manifestacianoj estis pozitiva, aktiva kaj kunlabora. Male al en Nagoja, multaj aŭ plej multaj homoj surstrate haltis kaj rigardis nin dum ni preterpasis, preskaŭ kvazaŭ ni promenas en parado. Mi esperas aliĝi al pliaj eventoj de Gifu City estonte.

Nagoja Urba Marŝo

Posttagmeze de la sama tago (la 19-an), Koichi Nakano faris prelegon, en kiu li kontraŭis la nunan armean amasiĝon. Li parolis pri kiom nereale estus por Japanio partopreni en milito kun Ĉinio kaj kiel amikiĝi kun giganto ne ĉiam estas saĝa. Se Japanio aliĝos al usona milito kun Ĉinio, ĝi estos prokura milito kaj unu celo de la milito estos fuŝi la ekonomion de Ĉinio.

Li argumentis, ke la nuna amasiĝo de Japanio estas parte bazita sur la ideo de malkuraĝigo, kaj sperto montris ke la nocio de malkuraĝigo sonas bone en teorio sed ne funkcias en praktiko. Unu interesa kialo, kiun li donis, estis, ke la ŝtatestroj de Japanio, Usono kaj Rusio ĉiuj estas sekuraj. Se ili mem estas sekuraj, ili ne havas multe da instigo por antaŭenigi pacon. "Deter" venas de "de" (for) kaj "ter" (timo—la sama radiko kiel en "teruro"), li klarigis. Tiu ĉi ideo, ke oni povas malhelpi militon metante timon en la korojn de siaj malamikoj, estas malvera.

Tajvano ne estas sendependa, sed estas sub Usono, iusence koloniigita de Usono, kaj do puŝo de Tajvano al "sendependeco" (sub Usono) ekfunkcius militon. (Mi dirus "restarigi la Civilan Militon de Ĉinio, kiu estis provizore interrompita post kiam la Komunista Partio de Ĉinio venkis la Naciisman Partion aŭ Guomindang en ĉiuj regionoj de Ĉinio krom Tajvano).

Kion mi skribas ĉi tie ne celas kiel resumo de lia parolado, kiu kovris multe da tereno, sed estas nur specimeno de kelkaj interesaj ideoj kaj punktoj kiujn mi trovis interesaj.

La organizantoj de ĉi tiu prelego kaj marŝas en Nagoja (Aichi filio de “Sougakari Koudou” 愛知総がかり行動) havis afiŝon ĉe la fronto de la ĉambro kun kvin postuloj:

  1. Kontraŭe al malamika baza atakkapablo
  2. Malamika bazataka kapablo estas kontraŭleĝa
  3. Kontraŭa al armea amasiĝo
  4. Ne aĉetu Usonon Tomahokoj
  5. Kontraŭe al la deplojo de armiloj en "Sudokcidentaj Insuloj" (Luchu/Ryukyu)

日本で平和行進               2023 jaroj 2 monato 24 Dato

ョ セ フ ・ ・

ワールド・ビヨンド・ウォー日本支部長

 

ロシアの侵攻からほぼ1年が経過し、先週末(2月18日、19日)にはウクライナ戦争反対、12月16日に閣議決定された安保3文書の下での軍備増強に反対する様々なイベントが開催された。ウクライナでの戦争が、まさに燎原の火のごとく台湾に飛び火しかねないこの歴史的瞬間に、沖縄本島や日本各地、韓国の基地にいる米兵を含む東アジアの人々の生命が危険にさらされている。

 

岐阜行動

19日の午前中に行われた岐阜市の反戦デモ行進に、初めてJapanio por World BEYOND Warの バナー を 持っ て 行っ た。 主催 者 は 私たち を 温かく 迎え て くれ 、 ウェブ サイト に 掲載 さ れ た デモ の 報告 書 たくさん の を 載せ て くれ た。 の スローガン は 、 て て た。 の スローガン は 、 、 「「 「「 、 「「 「「 「「 「「 「「 「「 「「 「「 「「 「「.勝手に決めるな、戦争への道~改憲・大軍拡・大増税反対・岸田内閣逞逞」だ。 岸田 内閣 が 国会 で の 議論 も なく 、 軍備 増強 に 踏み切っ た から である。 たとえ 国民 の 過 半数 軍備 に に た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た た が た が が た た た た た た た た た た た た た た た た た たなければなら ない。 日本 に は 戦争 を 放棄 する 憲法 ​​第 9 条 が あり 、 敵 基地 攻撃 能力 は 憲法 を 改正 し ない 違憲 である また 、 首相 国民 から 選ば 選ば 限り ではなく 、 また 国会 国民 から 直接 選ば 限り 限り 、 、 、 国会 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本 日本.主義の中核をなすものである。

 

当日 は 寒く 、 ほとんど ずっと 小雨 が 降っ て い た が 、 デモ 参加 者 の 雰囲気 は 前向き で 活発 、 協力 的 た 名古屋 名古屋 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め パレード 止め パレード パレード 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め 止め感じだった。今後も岐阜でのイベントにもっと参加したいと思った。

 

名古屋行動

同日 (19日) 午後 、 中野 晃一 氏 が 講演 を 行い 、 その 中 で 現在 の 軍備 増強 に 反対 の 意 を た。 が 中国 と 戦争 に 協調 協調 の は 現実的 であり 、 大国 と 協調 協調 と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と と 大国 大国する こと が 必ずし も 賢い と は 言え ない と 話し た。 もし 日本 が アメリカ の 中国 と の 戦争 に 参加 すれ 、 それ 代理 戦争 経済 を さ の こととなる は の の の 混乱 混乱 混乱 こととなる こととなる 中国 の の 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱 混乱

 

日本 の 現在 の 軍備 増強 は 、 抑止 力 と いう 考え 方 に 基づい て いる 部分 が あり 、 その 考え 方 は に は いる と と と ない ない ない ない 彼 彼 彼 は ない ない ない 彼 彼 は は ない が が 彼 は は と は と と と と が が と と と と と が と と と が と と と が と と と と と と と と と と と と と と と と と.主張 する。 興味 深い 理由 とし て 、 日 米露 の 首脳 は 安全 である こと が 挙げ られ た。 自分 たち が 安全 ば 、 平和 を する する インセンティブ が あまり 働か ない。。。 とは 、 推進 推進 する (が あまり 働か ない。。。。。 、 、 推進 ((((((((((((((((((((((((((((ば.離れる) と "ter" (恐れる 、 「テロ」 と 同じ 語源) から き て いる 、 と 中野 氏 は 説明 する。 心 に を 与える で 戦争 を 防ぐ ことができる と 考え は 間違っ て 戦争。 防ぐ ことができる と は は 間違っ て いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる いる

 

台湾 は 独立 し て いる わけ ではなく 、 アメリカ の 下 に あり 、 ある 意味 アメリカ の 植民 地 に なっ て いる のだ 、 台湾 が アメリカ の 戦争 火種 」なる を すれ 、 、 戦争 火種」 なる の 、 、 の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の の 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 。 (台湾 を 除く 中国 全土 で 中国 産党 が 国民 党 や 国民 党 を 破り 、 一時 中断 し て い た 中国 内戦 の 再発 と 言っ もいい)。。。。 中国 の の 再発 言っ て もいい)。。。。。。)。

 

ここ に 述べ た こと は 、 内容 が 多岐 に わたる 中野 氏 の 講演 の 要約 ではなく 、 私 が 興味 深い と 感じ いくつ か の 論点 を 抜粋 し もの である。。 いくつ の 論点 を 抜粋 し もの である。。 いくつ の 論点 を 抜粋 し もの である。。 いくつ か の を 抜粋 し もの である。。。。。。。。。 いくつ いくつ いくつ いくつ いくつ.

 

この 名古屋 で の 講演 と デモ 行進 の 主催 者 、 愛知 総 がかり 行動 は 、 最前列 に 5 つ の 要求 を 書い た を 掲げ て い た。

 

敵基地攻撃能力に反対する

敵基地攻撃能力は違法

軍備増強に反対

米国産トマホークを買うな

南西諸島への武器配備に反対

 

Lasi Respondon

Via retpoŝta adreso ne estos publikigita. Bezonata kampoj estas markitaj *

rilataj Artikoloj

Nia Teorio de Ŝanĝo

Kiel Fini Militon

2024 War Abolisher Awards
Kontraŭmilitaj Eventoj
Helpu Nin Kreski

Malgrandaj Donacantoj Tenu Ni Iras

Se vi elektas fari ripetiĝantan kontribuon de almenaŭ $15 monate, vi povas elekti dankon. Ni dankas niajn ripetiĝantajn donacantojn en nia retejo.

Jen via ŝanco reimagi a world beyond war
WBW Butiko
Traduki Al Iu ajn Lingvo